茨城

笠間市立病院

笠間市立病院には内科/リウマチ科/呼吸器外科があります。看護部では、13名のナースが看護しています。患者の気持ちになった温かく、手厚い看護を進めます。

牛久愛和総合病院

牛久愛和総合病院は、地域の方に信頼される医療施設を目標としています。近接性を考えた活動を志しています。看護体系は看護師に無理のない7:1を導入し、勤務するナースのワークバランスを考えた環境を構築しています。臨床研修指定病院/日本内科学会 認定教育施設/日本救急医学会 専門医指定施設/日本整形外科学会 専門医制度研修施設/日本外科学会 外科専門医制度修練施設/日本消化器外科学会 専門医修練施設/日本消化器内視鏡学会 専門医制度指導施設/日本泌尿器科学会 専門医教育施設/日本眼科学会 専門医制度研修施設/日本脳神経外科学会 専門医訓練施設(A項)/日本麻酔科学会 麻酔科認定病院/日本循環器学会 認定循環器専門医研修施設/日本大腸肛門病学会 専門医修練施設/日本血液学会 認定血液研修施設/日本脳卒中学会の指定を受けています。周りの医療機関との関わりを大事に考えています。

なめがた地域総合病院

なめがた地域総合病院は、茨城県行方市井上藤井98-8に開院しており、診療科目は、内科/消化器内科/循環器内科/腎臓内科(人工透析)/神経内科/血液内科/内分泌代謝・糖尿病内科/アレルギー科/リウマチ科/小児科/外科/脳神経外科/整形外科/皮膚科/泌尿器科/産婦人科/眼科/耳鼻咽喉科/麻酔科/救急科/リハビリテーション科/放射線科/臨床検査科/病理診断科です。病を患う患者に合わせた看護を進めています。看護部では、162人のナースが看護しています。患者を考えた真摯的で、念入りな看護活動を目指します。

筑波記念病院

筑波記念病院の院内スタッフは1055名働いており、責任感のある看護を提供しています。看護師は働きやすい2交替で勤めています。プライベートを考え、看護師同士の助け合いも忘れません。

茨城県立中央病院

茨城県立中央病院は、茨城県笠間市鯉渕6528に置かれています。外来患者877名、入院患者は354名います。包括性を大事にしています。多くの病院で取り入れている7:1を活用しており、看護師長や新人ナースもチームワークを大切にした看護を進めています。

龍ケ崎済生会病院

龍ケ崎済生会病院の診療科目は、内科/消化器内科/循環器内科/呼吸器内科/内分泌・代謝内科/神経内科/小児科/リウマチ科/外科/消化器外科/整形外科/脳神経外科/産婦人科/泌尿器科/眼科/耳鼻咽喉科/心臓血管外科/皮膚科/形成外科/麻酔科/放射線科/リハビリテーション科が設けられています。病床は210床で、温かみのある看護を心がけています。1日に入院する患者数は180名で、入院を必要とする患者に対し、看護師の性格をつぶさない看護を心がけています。効率のよい固定チームナーシングを導入しています。看護師の観察力を有効活用した治療を進めています。

古河赤十字病院

古河赤十字病院は、茨城県古河市下山町1150にあります。看護部は、多くの病院が導入している固定チームナーシングの看護方式を活用しており、患者家族との会話を大事にした看護活動を目標としています。

ひたちなか総合病院

ひたちなか総合病院に完備されている病床数は290床で、看護師と患者とのコミュニケーションを大切に思う病院です。日本医療機能評価機構による評価を受けていません。日々、看護の質を高められるよう、職員全員で質のある医療を目標としています。

筑波大学附属病院

筑波大学附属病院には、800床あり、治療を受ける患者のメンタルサポートも欠かしません。ベッド数が800床完備されており、治療中の患者の精神面のフォローも大事にしています。筑波大学附属病院内のナースは672名おり、緊張感のある雰囲気の中にも心の通うナースステーション作りを目指しています。特定機能病院/がん地域連携拠点病院/臨床修練指定病院/精神保健法指定病院/救急医療指定病院/母子保健法指定病院の指定を受けています。周辺の医療施設との連携を大切にしています。