沖縄

地方独立行政法人那覇市立病院

地方独立行政法人那覇市立病院は559名院内スタッフが活躍しており、周りの医療施設と連携を取り、より良い医療活動を進めています。地域がん診療連携拠点病院指定/臨床研修病院指定(厚生労働省発医政第274号)/救急指定病院の指定を受ける(環医第54号)/不在者投票指定病院(沖選管第263号)/保険医療機関保険薬局指定(沖縄県知事)の指定を受け、指定される病院の機能を請け負います。看護部内はワークバランスを考えた3交替または2交替を使っており、看護師が長く働けるナースステーション作りを行っています。

沖縄県立北部病院

沖縄県立北部病院は、沖縄県名護市大中2丁目12番3号に設けられています。327床の病床を完備しており、患者と看護師との距離の近い看護を進めています。沖縄県立北部病院内には看護師は217名、在籍しており、緊張感のある病院内でも心温まるナースステーション作りを進めています。臨床研修病院指定/救急病院の指定の認定を受けており、認定を受けてた医療を推し進めています。

沖縄県立南部医療センター・こども医療センター

沖縄県立南部医療センター・こども医療センターの職員は650人在籍しており、看護師以外の院内スタッフと助け合うことも大事にしています。入院患者の数は365名に及びます。入院患者に対し、看護師の個性を大切にした看護を行っています。看護方式はメリットの多い固定チームナーシングを用いています。看護師は長い間勤められ、治療中の患者には質の良い医療を提供できるような体制があります。